ホームページ用サーバーはAWSが最高だった話【第1話】

クラウドサーバー
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

ホームページ用のサーバー選びは大変ですよね。

当ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

さて、皆さんは、WordPressで作成したホームページやブログのホスティング用サーバー選びに悩んだことはないでしょうか?

私は、かなり悩んで試行錯誤し、最終的にAWSに落ち着きました。

今回は、それまでの経緯をお話しようと思います。

サーバー設定の自由度が高いのは、VPS

WordPressで製作したホームページをホスティングするにあたって最初に考えたのは、以下の3点です。

  • サーバー設定の自由度
  • 月額費用
  • サーバー性能

WordPressでホスティング用のサーバーは、主にレンタルサーバーとVPSがあります。

サーバーの設定の自由度から考えて、まずは、VPSを選択しました。

月額費用が安く、サーバーの性能が高いVPSは…

ホームページは通常、長期に渡って運用するものですよね。

月額費用が安いだけで、安かろう悪かろうとなっては困ります。

そこで、以下のURL先の参考サイトを参考に、サーバー性能(特にCPUの性能)の高さも加味したところ、最初は「Vulr」を選択しました。

月額3.5ドル(約380円ほど)のプランを選択しました。

スペックなどは、以下の通りです。

  • Strage: 10GB SSD
  • CPU: 1CPU
  • Memory: 512MB
  • Bandwidth: 0.5TB

DDoS対策も考えました

Vultrは月額10ドル程でDDoS Protection機能を付けることができます。

ただ残念ながら、東京リージョンにはDDoS Protectionの機能がありません。

そこで、シリコンバレーがあるサンノゼのリージョンを選択し、DDoS Protection機能を付けました。

※リージョンが海外の場合、レイテンシに若干問題があります。ご注意ください。

国外IPを弾きたい

DDoSプロテクションを付けたのはいいですが、できれば、狙われる隙を与えたくはありません。

DDoS攻撃の多くは海外のIPです。

そこで、ホームページへのアクセスについて、国外IPを弾く必要がありました。

Googlebotは、国外IP

しかし、巡回してくるGooglebotのクローラーは、国外IPです。

そこで、Googlebotは許すけど、それ以外の国外IPを弾く方法が必要です。

この方法は、Apacheであれは、.htaccessにより楽に設定できます。

私は、Nginx + PHP FPMでの運用でした。

Nginxのconfigファイルで制御するのは面倒でしたので、Vultrの使用を一旦保留することにしました。

次回へ続く。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました