ホームページ用サーバーはAWSが最高だった話【第2話】

クラウドサーバー
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

レンタルサーバーへ

当ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

前回の記事では、サーバー設定の自由度の高さからVPSを選択したところまで記載しました。

しかし、Googlebotを許しつつ国外IPを弾く設定を楽に行いたいとの怠け心 気持ちから、レンタルサーバー を検討することにしました。

MixhostがDDoS対策している

ネット上の噂では、「DDoS攻撃を食らってアカウントをBANされた!」とか「DDoS攻撃がおさまるまでサーバーが使えなかった!」等の悲鳴が散見されます。

そこで、DDoS対策をしているレンタルサーバーを探しました。

ありました。

Mixhostでした。

レンタルサーバー は .htaccessがあるので楽

レンタルサーバーには、通常、.htaccessがあります。

Googlebotを許しつつ国外IPを弾くのは、.htaccessの設定で楽勝です。

「よし、これで大丈夫だ!」と思った矢先に問題が発生したのです…

私にはMixhostは使いづらかった

早速、Mixhostのスタンダードプランを契約してみました。

契約の際、自分のドメインを登録する必要がありました。

そして、自分のドメインを登録して、wordpressのインストールを行いました。

すると、ちょっと使いづらいことが発生したのです。

public_htmlフォルダ直下に、wordpressのファイル達が配置される仕様

私は、てっきり、public_htmlフォルダの中に (上記で登録した自分の)ドメイン名のフォルダができると思っていました。

そして、その(上記で登録した自分の)ドメイン名のフォルダの直下にwordpressのファイル達が配置されるものと思っていたのです。

しかし、事実は違いました。

public_htmlフォルダ直下に、wordpressのファイル達が配置されていたのです…

これには面食らいました。

調べてみると、これはMixhostの仕様とのことでした。

そのまま、私は、Mixhostを即日解約したのでした。

返金対応していただきました

Mixhostは、30日間の返金対応があります。

私は解約申請の後、サポートセンターに連絡した結果、返金処理をしていただきました。

サポートセンターの対応が丁寧かつ迅速でしたので、とても好感が持てました。

実は…

さくらのレンタルサーバー も試したのは、ここだけの秘密です…

さくらのレンタルサーバー は2週間の試用期間がありますので、気楽に試すことができます。

次回へ続く…

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました